季刊詩集 プラスイオン

photo1

**巻頭詩**

 ホンネの日記

オランダにある
アンネフランクの隠れ家に行った
八人が二年間暮らした狭い場所から
SNSを更新してみたかった

アンネは昔
いつも誰かと隣り合わせで
本音の日記を記した
その距離は驚くほど近かったから
気づかれまいと書いた

ボクラは今
インターネット上の誰かへと
本音の日記を記す
その距離は驚くほど遠いから
気づかれようと書く