オートバイ詩
27 オフロード男子 2017/02/19
26 ライダーライター 2017/02/05
25. ニホンスシデス 2016/10/02
24. その答えは走っているうちに解る 2014/12/13
23. 風速ライダー 2010/07/11
22. 自称詩人と旅ライダー 2009/05/06
21. 美人多し脇見注意 2008/09/20
20. 図面ライダー 2008/09/20
19. 糸さがし紀行 2008/09/20
18. 風女 2007/11/16
17. 夏空の下コンビニでメシを食う 2007/05/08
16. 流星バイク 2003/06/06
15. ツーリング娘。 2003/06/06
14. バイクリーナ 2001/09/02
13. シンガーソングライダー 2001/09/02
12. ステッカーチューン 2000/11/19
11. 流れきらめくピースサイン 2000/05/07
10. 黄色当然、赤勝負 1999/11/22
09. かもしれない運転 1999/08/10
08. カッパスペシャル 1999/08/10
07. エンジンブレーキ売ってください 1999/05/05
06. モト黄門 1998/08/12
05. 単気筒 1997/05/05
04. 孤独なストリート 1997/05/05
03. ライダー 1997/05/05
02. 一人宿にてライダーぽつり 1997/05/05
01. 町内低空飛行族 1997/05/05





オフロード男子

小学生男子は
オフロードを走る
マウンテンバイクを欲しがる
舗装された毎日を歩んでいるから
険しい道に憧れる

社会人男子は
オフロードを走る
オートバイを欲しがらない
荒れた毎日を歩んでいるから
険しい道を望まない

マウンテンバイクは売れても
オフロードバイクは売れない

人の生きる道は
進むほど荒れていく
でも荒れているからこそ
飛んだら高く飛ぶこともあるが
着地が難しいのがオフロード
男のバネは縮んでなんぼだ
飛ぶためのものではない


ライダーライター

オートバイに乗るライダー
パソコンで物書くライター
なんか似てない?

似てるけど
なんか対照的だよね

そう?
ほらこの雑誌
オートバイでの旅を書く
ライダーライターなんて連載あるし

そうね
パソコン雑誌がめっきり減ったよね
パソコンマシンに個性がなくなり
ソフトも誰でも扱えるものになったし
社会を支えるインフラになったからね
マニアックな情報が減ったし
古い情報も必要とされないだろうしね

そうだね
学校で教えるぐらいだしね

だけど
オートバイ雑誌は減らないね
オートバイには芸術的な個性があり
誰でも扱えるものではない
インフラだった時代も終わったしね
マニアックな情報が多いし
古い情報も必要とされる
必要とする人は減ってないよ

そうだね
学校を走りまわったら怒られる

ライダーライターには憧れたよ
でも旅が仕事になったら
書けなくなるように思った
今ならSNSで日記を書いても
すぐにネタが無くなり苦痛になる
その日記を読む側も苦痛になるだろ

そうか逆だ
ライターライダー
ライターの人はライダーが多いとか

そうあって欲しいよね
非日常へ誘う人がライターだからね



ニホンスシデス

なんなんだ
この国のオートバイは
これは、HONBAだ
ここが本場なのか?
それは、YAMABAだ
山場では強いのか?
それも、SUZUSIだ
乗ると涼しいのか?
あれは、Kawasakaだ
坂道では速いのか?

アーユー、ジャニーズ?
ノー、ノー
アイムジャパニーズ
ノットイケメン
俺もカワサカなのか?



その答えは走っているうちに解る

オレはオートバイで
高速道路を走っていた
岡山県に入ったところで
大型バスの後ろの広告に釘付けになった
赤い文字だけで大きく書いてある
「運は一瞬、縁は一生。」
バスの行き先は出雲
島根県観光振興課の広告だ

オレは追い抜くのをやめて考える
「運は一生」と考えていた
「運は一瞬」だったのだ

リスクの高いオートバイで
一人旅をしたい理由が解らない
いったい、オレは
何を探しているのだろうか
「その答えは走っているうちに解る」と
北海道でライダーハウスのおじさんに
言われたことがあるが本当だった

この旅が運なのか縁なのか解らないが
アクセルを開けて大型バスを追い越す
一瞬、バスの中の女性と目が合った
行き先は出雲に変更だ



風速ライダー

「ありがとう、あたし助かりました」
「もう行きます」
「あぁ、ちょと待って!
 お礼に缶コーヒーでも」
「あぁ、いやその、行かなくちゃ」
「急いでます?」
「ボクはいつも一瞬の風のように
 出逢いを走り過ぎるんです」
「そ、そんなぁ、どうして?」
「人の暖かさに汗をかいて
 オートバイに乗ると
 冷えて風邪をひくんです
 旅先で動けなくなると困るから」
「はぁ、そう
 そういうこと、口に出して言うのは
 もう、心が風邪をひいているのよ
 一緒に暖まって心を乾かしましょう」


自称詩人と旅ライダー

危険を承知でよくやると
変人扱い自己責任
一人ぼっちがよく似合う

一般市民に支持されず
仲間うちで支えあい
コケルと互いに助けあう

詩人やライダー以外にも
思いを解って欲しいのに
解ったように言われると
それはそれで気に入らない

自称詩人と旅ライダー
曲がった道が大好きで
なのに気持ちは直線で
雨もドラマと受け流す

目指すのは
存在自体が風となり
誰かの髪を揺らすこと
心の中まで揺らすこと




|タイトル|

美人多し脇見注意

おい、なんだ今の看板は
こんなんじゃまともに
運転できないぜ

確かめなくては
本当にそんな町があるのなら
俺の旅はここで終わりだ




|タイトル|

図面ライダー

困ったわ
この地図じゃよく解らない
あっ、あのライダーに聞いてみようか

すいません
ここどっちに行けばいいんですか?
まかせてください
いつもはエンジニア
私は図面ライダー


困ったわ
誰か写真撮ってくれないかしら
あっ、あのライダーにお願いしよう

すいません
一枚お願いできますか?
まかせてください
いつもはプログラマー
私は画面ライダー

困ったわ
さっきのライダーに恋しちゃった
あっ、あのライダーにお願いしよう

すいません
さっきここにいたライダーを
知りませんか?
まかせてください
いつもは警察官
私は覆面ライダー




|タイトル|

糸さがし紀行

一人、オートバイで海に行ったとき
女性三人組に頼まれて写真を撮ってあげたんだ
そのとき一緒に写った一枚が届き
もう一度会いたいと言われ、待ち合わせをしたんだ

「オートバイでどこ旅してたの?」
「海を見たくてさ、ただそれだけ、君は?」
「…あのね、本当のこと言うと
 あの旅は『糸さがし紀行』っていうツアーなの」
「なにそれ?」
「新たな出会いを求めている人を募集して、旅に出るツアーなの
 旅行者二人に対して、一人のインストラクタ−がついて旅をするの」
「へぇ、そんなのがあるんだ」
「写真をお願いしたり、車を修理してもらったりするの
 そうやって旅先できっかけをつかむの」
「そうか、なるほどね
 確かに旅には、出会いを求めている部分があるね
 でも、現実には出会いはとても少ないし
 一人ではきっかけも作りにくいね」
「そうなの、せっかく旅するんだったら
 出会いの保険をかけなさいって勧められたの」
「僕も、今まではオートバイでの一人旅ばっかり
 気がつくと、毎日、ガソリン満タンってしか
 言ってなかった旅もあったなぁ
 今度、そのツアー参加してみようかな」

「…えっ、私じゃだめってこと?」




|タイトル|

風女

あなたは風女
雪女を拒めなくて吹雪
雨女と仲良しで台風
晴女に意地張ってからっ風
あなたが悪い訳ではない

ボクもオートバイで
風になろうとするが
雪女とは滑って転倒
雨女とはずぶ濡れで発熱
晴女とは日焼けでヒリヒリ
あなたとだけ風になれる

誰にも見えない二人乗り





|タイトル|

夏空の下コンビニでメシを食う

オートバイを降りると
夏空がまぶしい

コンビニエンスストアに入ると
バイトの娘がまぶしい

幕の内弁当
白いご飯がまぶしい

縁石に腰掛けてメシを食う

駐車場の
白線がまぶしい

地球はゆっくり回転していても
オートバイのスピードでは
追いつけない

少しペースを落とそうか






|タイトル|

流星バイク

真夜中の峠道
リアタイヤが滑って転倒
火花を散らし、流星のように
バイクが飛んでいく

日常のように転がったあと
ボクは仰向けで動けず
星空を見た
久しぶりに星を見た

ボクが明るすぎて
昔ほど星が見えなくなったのか
ボクは幸せすぎて
昔ほど星を見上げなくなったのか
ボクは知りすぎて
流れ星を信じなくなったのか

答えを見つける間もなく
後続車の音が近づいてくる

このままでは轢かれるので
立ち上がらなければいけない
こんな忙しさから
逃げ出したいと思いながらも
転倒したバイクのエンジンが
かかることを願っている

流れるのが流星
流されても流星



|タイトル|

ツーリング娘。

オートバイで
旅に出かけたツーリング娘は
ちょっとだけワーニング娘で
身動きとれないパーキング娘
そして
自分を変えたいチェンジング娘。

旅先でのツーリング娘は
休む間もなくランニング娘で
行けるとこまでゴーイング娘
そして
出会いにこだわるフィーリング娘。

旅人相手にツーリング娘は
積極的にトーキング娘で
だけどしっかりリスニング娘
そして
ココロをチューニング娘。




|タイトル|

バイクリーナ

私はバイクのバレリーナ
信号待ちのステージで
つま先立ちでご挨拶

隣のおじさんカーステの
ボリューム上げてくださいな
NHKのFMで
クラッシクの時間だわ

心の中で白鳥の湖密かにリクエスト




|タイトル|

シンガーソングライダー

オートバイに抱きついて
国道、直線、14時半
睡魔の誘いに断れず
ヘルメットの中大声で
眠け覚ましに歌い出す
シンガーソングライダーの
命をかけた一曲は
何度もサビを繰り返し
信号待ちまで引き伸ばす

「旅する風の鼻歌さ」
信号待ちステージで
一言コメント言い残し
次ぎの歌へとギアチェンジ
アクセルつま弾き歌い出す




|タイトル|

ステッカーチューン

マシンの
満たされない部分に
ステッカーを貼る
気持ちの
チューンアップ


アイツの
満たされない部分に
レッテルを貼る
大人への
チューンアップ




|タイトル|

流れきらめくピースサイン

二人のライダーすれ違う
その瞬間に交わされる
流れきらめくピースサイン

これがこの世で一番の
短い出会いと別れかも
彼のサインはVサイン
彼女のサインは投げキッス
孤独をほぐして笑みを生む
流れきらめくピースサイン

だけど二人のライダーが
横に並ぶとライバル視
これがこの世で一番の
短い無言の格闘技




|タイトル|

黄色当然、赤勝負

あぁ、三丁目の交差点
青信号が変わりそう
黄色当然、赤勝負!

ブォン、セーーフ
2分のもうけ


あぁ、仕事の交差点
上司の判断変わりそう
黄色当然、赤勝負!

ゴツン、アウト
イチから出直しぃ


あぁ、恋の交差点
キミの心が変わりそう
黄色当然、赤勝負!

チュチュ、ストライク
一生の思い出




|タイトル|

かもしれない運転

オートバイをねじ伏せて
交差点を駆け抜ける
信号待ちの女の子
ボクの優雅なライディング
憧れ抱いたかもしれない

となりに並んだワゴン車の
女性と目と目が合ちゃった
それも三回合っちゃった
ボクの華麗なスタイルに
トキメキ覚えたかもしれない

オートバイを降りたとき
彼女らボクを探し出し
恋が始まるかもしれない
そんな夢見の運転は
最も危ないかもしれない

気づいた時には転倒し
看護婦さんに励まされ
恋と出会うかもしれない




|タイトル|

カッパスペシャル

風と戦うオートバイ
僕は必死に身をかがめ
君の笑顔に会い行く

雨ぽつり
雨パラぽつり
雨ぽつり
雨パラパラパラ
雨ぼとり
雨バラバラバラ
服じとり
沁みこむ雨が邪魔をする
大事なオシャレを破壊する
来るならこいよ、雨怪獣
オレが相手だ、変身だ
カッパスペシャル参上だ!





|タイトル|

エンジンブレーキ売ってください

「はい、いいですか
 エンジンブレーキは売ってませんから
 買いにいかないように」

教官、あなたの
そんなつまらない冗談がうれしいの
誰か私に
心のエンジンブレーキ売ってください
熱くなり過ぎたフットブレーキでは
もう、この想いはとまらない





|タイトル|

モト黄門

定年後
白いあごひげ貯えて
おやじはバイクで旅に出た
東日本、西日本
行く先々で難事件
解決しては去っていく

パンクの修理を手伝えば
テント設営、焚き火まで
恋の相談、人生論
旅人の
旅する理由を抱きしめて
勇気を与えて去っていく

そんなおやじはいつかしら
バイクに乗った黄門さん
モト黄門と読ばれてた

「今までは自分自身を旅してた
 これからは人と人とを旅したい」
僕が問う旅の理由にニコニコと
黄門さんは応えだす
「君はまだ、自分探しの旅の中
 探しているうち定年に
 なるよな生き方してください」
軽々と重いバイクの向き変えて
黄門さんは去っていく
僕の心に鳴り響く
豊かな鼓動を立てながら





|タイトル|

単気筒

ピストンよ
君も僕も一人ぼっち
君は一人でエンジンを回転する
僕も一人で一日を回転する

単車は世界を駆け巡るが
君はいつもシリンダーの中で
サイクルサイクル

地球は宇宙を駆け巡るが
僕はいつも地球の中で
サイクルサイクル






|タイトル|

孤独なストリート

当然の孤独から逃れるために
必然の孤独であるライダーとして
ストリートを走り抜けるんだ

生み出していく残像で
街を彩るんだ
時の流れのキャンバスに






|タイトル|

ライダー

風とお話できましたか?
空に教えてもらえましたか?
海に受けとめてもらえましたか?

マシンのバランスを取ることで
鎮めることのできない思いを
相殺できましたか?

歩く速さの人間から
ライダーへと
進化し続けるあなたを
私は止めはしない

でも、停ったマシンに
支えが必要なように
マシンを下りた
あなたを支える何かに
私はなりたい





|タイトル|

一人宿にてライダーぽつり

自分は「風」
風呂が、食事が、睡眠が必要な
贅沢な「風」

「風」だからすれ違い
 今日は誰とも話さなかった
「風」だから戻らずに
 街道を通り過ぎてしまった
「風」だから停まらずに
 せせらぎもエンジン音に掻き消えた

自分は「風」
ふれあいが、感情が、娯楽が必要な
淋しい「風」





|タイトル|

町内低空飛行族

赤いシグナルが私に休息を与える
街角のショーウィンドゥに
貼りつく勇士

空気を切り裂き
風になり
前進する
それをライダーと呼ぶのなら
私もライダーだとつぶやく

青のシグナルに促された指先は
気合のアクセルを開け
前向きの闘志を駆動輪に伝達し
つまさきは軽やかに
地面から離陸する

ミラーにぶれて過ぎ去る景色に
自分の気持ちを確かめる
私は町で噂の
町内低空飛行族






|タイトル|

Back to MainPage