HONDA CRF250L印象記2
「白鳥の湖」

筆:イオン (2015/6/06)

Back to 帯電案内



 白鳥の湖を舞うバレリーナのようにつま先立って信号を待っていた。私が舞うのは交差点の向こう側。トルクフルな加速で、CRF250Lは私を飛躍させた

 2013年2月23日午後、注文から一週間後の小雪舞う中でCRF250Lが納車。雪が次第に強くなってきて、近所のみを走行するも、身長165cmで短足ぎみの私には足つき性が悪く、片足のつま先しか届かない。
 CRF250Lには純正のローダウンキットがあり、シート高を875mmから830mmへと45mm下げることができる。SUPER SHERPAとSEROW250のシート高が810mmなので、ほぼ近い安心感を得ることができるが、このローダウンキットは6万円でバイクショップでの交換に1.6時間かかる。作業工賃を含めると7万円程度になり、しかもスタイルがダックスフンドのようになってしまうのだ。なので、まずはノーマルで様子を見ることにした。

 CRF250Lの重量は143Kg。SUPER SHERPAとKLX250が136Kgなので7Kgの差は、降りてからの取り回しで感じるが、走り出せば重心が低いのか安定し、低速でもふらつくことはない。フロント操舵力もしっとり感があり、アドベンチャーツアラーの感覚。昔乗っていたホンダAX-1の車高が高くなった感じだ。
 エンジンは暖気運転不要のインジェクションだが、キャブレターよりアクセル操作の追従にパンチがなくつまらないという意見を聞いたことがあったので、フィーリングが悪いと思っていた。しかし、実際はアクセルにリニアに反応し、確かにパンチは無いがスムーズでデメリットはまったく無い。キャブレターのSUPER SHERPAは急いでいても、暖気が必要で、一週間以上乗らないと始動しないこともあったが、もう、あんな苦労はしなくていいのだ。
 排気音はアイドリング時にはハギレが良く、走り出せばヒュルルと電気モーターのようで、高回転域ではDOHCらいしいバリバリと吠えるような音となる。23馬力ではあるが、7Kg軽いSUPER SHERPAの26馬力と遜色はないので、23馬力という値を非力と嘆くほどではない。
納車時撮影
 納車5日後、100Kmほど夕暮れ前後を走ってみて解ったのは、足つきの悪さが、ボディブローのように効いてくるということ。つま先立ちの白鳥の湖連続公演は辛い。特に陽が落ちると、路面にバンク角がついていたり、轍の状態が見にくくなったりして、つま先が着かなくてバランスを崩しそうになった。これでは、交差点で立ちごけする危険性がある。長距離ツーリングになれば、荷物の重みで多少シート高が下がっても、重心バランスは上がるので、立ちごけした時に、重い車両を立て直すのは大変である。
 やはりローダウンキットか。検討していると、以外にCRF250Lのシートは肉厚でアンコ抜きをしてもお尻が痛くならないという情報を得た。早速、四国の加工ショップに2cmの切削を7300円で依頼した。送った翌日に作業してすぐ返送してくれたので、乗れないのは3日だけで済み、出来上がりも違和感なし。単にアンコを抜くだけではなく、お尻の痛み対策のゲル状の座布団加工もするべきか迷ったが、ゲル座布団無しでも長距離でお尻は痛くならない。CRF250Lのシートはかなり良くできている。

シートアンコ抜き後の撮影

Back to 帯電案内